宮田俊哉の出身高校は?白馬の王子様は高校時代からすごかった!?

Kis-My-Ft2の中で一番優しくて、王子様キャラな宮田俊哉くん。

自らを「白馬の王子様」と名付け、ファンを「姫」と呼んで魅了しています。

最初のころは「アニオタ」で私は少しとっつきにくいイメージもあったのですが、時間が経つにつれ、宮田くんの言葉選び、メンバーや周りをよくみていたり、ファンサをまんべんなくしたりする姿など、メンバーやファン大切にしようとしていることがとてもよく伝わってきてファンを増やしてきているように感じます。

2018年の冬コンでは、うちわが売りきれ続出した程の人気の宮田くんですが、今の宮田くんは素敵だけど、過去の宮田くんも知りたい!という声も多いのではないでしょうか?

今回はそんな宮田君の出身高校や高校時代のエピソードについて調べてみました!!!

【スポンサードリンク】


宮田くんが通った高校は?

宮田くんが通ったのは、東京都にある私立、共学校である東洋高校です。

東洋高校は、文武両道な学校で、スポーツで盛んなことでもよく知られていています。

特にバレーボール部は強豪で、男子バレーボールは毎年のように全国大会やインターハイに出場しています。

宮田くんは13歳のころからジャニーズ事務所入りしていて、高校進学の前には、「真ん中に行けないのならジャニーズはもういいかな」と悩んでいたようなので、学力もきちんとつけることができ、尚且つレッスンや仕事との両立も考えて、東洋高校にしたのではないでしょうか。

【スポンサードリンク】


高校時代のエピソード

学校生活のエピソードを調べたところ、かなり情報が少ないですが、なんとか掘り出してきましたのでいくつか挙げてみたいと思います。

宮田くんの実家は神奈川県なので、わざわざ都内の学校に通うのは少し遠いような気もします。

宮田くんも実際にキスマイの単行本「裸の時代」で、「高校のころとか家が遠かったんで、仕事場から家に帰ったら12時過ぎちゃったこともあった」と言っています。

また、帰ったら冷蔵庫にいつもお母さんが作ったポテトサラダがあったようです。

なんであったのかわからなかったようですが、息子は何歳になったもかわいいものですし、お母さんも、頑張っている宮田くんを陰から支えていたのでしょうね。

高校時代の着信がおジャ魔女カーニバルで、授業中に流してしまったことがあるようです。

それまでは、アニオタであることをクラスメイトにも隠していたのに、このことによってオタバレしちゃったというエピソードもあります。

このころから、アニオタオープンにしたのですかね。

宮田くんが子どもができて高校に入るまでに見せたいアニメは「とらドラ」らしいです。

高校生の恋愛の話で、男の子と女の子がクラスにいて二人がお互いの親友が好きで、協力してお互い幸せになろうっていう話らしくて、高校のころにこんな風に過ごしたかったかららしいです。

また、大学に入るまでに見せたいのは「ゴ―ルデンタイム」らしいです。

気になる方はぜひ調べてみてくださいね!

これからも宮田俊哉くんのことを応援していきましょう!

【スポンサードリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ