玉森裕太の性格は天然?過去の出来事からみる性格分析~天然伝説~

キスマイの中でも特に注目を集めることの多い、玉森裕太くんについて昔からのファンならどんな性格かはよくご存じのかと思います。

最近気になりだしたというファンの方はどんな性格なのか気になる方も多いと思いますので、

昔からのファンの方も、最近ファンになった方も、改めて、過去の出来事をさかのぼると玉森裕太くんの性格が見えてくるのではないでしょうか?

1990年3月17日生まれ、ジャニーズ事務所の同期は八乙女光くん、手越祐也くん。

柔軟剤「ラボン」のCMも始まり、4月からのドラマ出演も撮影開始、乗りに乗ってる玉森裕太くんですが

先日の(「キスブサ まさかのギブアップ事件」過去記事参照)で「玉森裕太ってこんな性格だったの?!」と驚いた視聴者も多かったようです。

まさかの試合放棄、あの出来事はファンでもびっくりの出来事でしたが・・・。

そこで天然と言われることも多い玉森裕太くんですが、改めて「玉森裕太がどんな性格なのか」検証したいと思います。


【スポンサードリンク】


1か月1万円玉ねぎ生活

玉森裕太くんの天然っぷりが発揮できたのは、やはり「いきなり!黄金伝説」の「1か月1万円 玉ねぎ生活」でしょう。

ジャニーズ事務所からは、初めての挑戦者でした。「はじめて」に弱いキスマイメンバー・・・。

今では神回といわれる中から「神の中の神エピソード」です。


一緒に戦った、サバンナ高橋茂雄さんとギャル曽根さん

玉ねぎ狩り

主食は玉ねぎ(玉森だけに)。玉ねぎ取り放題のチラシをみて「玉ねぎゲットだ!」と意気込んで出発。

しかしなぜか無料だと思いこんでしまう玉森くん。

大量の玉ねぎを採ってしまい「13キロで1300円」という現実に落ち込みます。

どうして無料と思ったんだ玉森裕太!しょっぱなから天然発揮です。

玉ねぎになりきる

1万円しかない中で、早くも1300円を玉ねぎにつぎ込んでしまった玉森裕太くん。

落ち込んでいるかと思いきや、前髪をきゅきゅっと結び「玉ねぎっぽいですか?!」と満面の笑顔。

かわいすぎる!

冷蔵庫に入らない!

玉ねぎは冷蔵庫に保存しなくてもいいのですが、まあ男子ですからね、知らなくても仕方ないかな。

13キロもの玉ねぎ、冷蔵庫に入りきるわけもなく。

「部屋が寂しい」という理由にして、玉ねぎを壁に飾っていました・・・。

「玉森裕太、天然すぎ!」と視聴者は大爆笑だったようです!

玉ねぎも、自分がまさか飾られるとはびっくりでしょうね!

玉森裕太式、音声マイクとカメラ

黄金伝説では、料理が完成したときに「じゃーん」と見せる固定カメラがキッチンについています。

そして音声を拾う用のマイクも別の場所についています。

玉森くんは、音声マイクをカメラと勘違いし、マイクに向かって出来上がった料理をみせていました。

そんな明後日な方向を向いている玉森くんを映す、固定カメラ。。。ずっと横顔だよ、玉ちゃん(玉森裕太)。。。

スタジオも視聴者もまたまた大爆笑!

と数々の伝説天然エピソードを残し、みごと1位に輝きました!

「かっこいいだけじゃないんだ」という意見と「天然だったんだ」という視聴者からの意見。ごもっともです。

【スポンサードリンク】


独特な玉森語

うがいのことを「ぐちゅぐちゅぺっ」

魚のことを「お魚さん」

と、玉森語があります。幼稚園レベルのものが多く、通じるには通じるけど使わないでしょ、というものが多いのが特徴。

育ってきた環境も多いに影響すると思うので、大事に大事に育てられたんだろうなと感じます。。。が。

うな重は「うなぎさん」

コンビニで温めの有無を聞かれた時も「あ、チンはいいです」

物にはだいたい“さん”付け「机を机さん」等。

黄金伝説では漢字が読めず

薄力粉を「うすりき?うすりょく?うすちから!」かなり自信ありげ。

それが玉森裕太の魅力でしょう!

実はツンデレ

ほんわか王子様じゃなかったの?!

そうなんですが、なぜか宮田俊哉くんにだけはツンデレです。

宮田くんのこと、大好きすぎてツンデレになるようです。まるで好きな女の子にいたずらする男の子!

ツアー中、地方ホテルで、同室の宮田俊哉くんに対して

「俺が寝るまで寝るなよ!」(え~!)

なぜなら「宮田が寝てるところ見ると腹がたつ!」そうです。

というか宮田俊哉くんが本当に優しい!はいはいって玉ちゃん(玉森裕太くん)を見守ってる感じが、ファンにはたまらないんですよね。

結局のところ、2人とも両思いなんですよね。

結論。玉森裕太は、スタイル良くて王子様レベルでカッコいいが、天然で珍発言が多く、宮田俊哉が大好きなんだなと感じましたが、いかがでしょうか?

【スポンサードリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ