藤ヶ谷くん出身高校は芸能人に人気の学校!?高校時代の母親との約束とは?

Kis-My-Ft2のセンターでもあり、「セクシーキング」の名がつけられている藤ヶ谷太輔くん。

藤ヶ谷くんの出身高校はもちろん、藤ヶ谷君の高校時代のエピソードも合わせてまとめてみました。

【スポンサードリンク】


藤ヶ谷くんの出身高校は?

藤ヶ谷くんの出身高校は、通信制のクラーク記念国際高校です。

通信制高校のため、偏差値はありません。

藤ヶ谷くんは、19998年小学校5年生の時にジャニーズ入りをしているため、それからの学生生活は学業と仕事のふたつが常に付きまとってきます。

そして、厳しいお母さんの教育方針として「仕事が忙しくても勉強はすること」があげられていたので、その約束を守りつつ、より芸能活動にも力を入れ、幅広く行うことができるようにということも考えこの学校に決めたのではないでしょうか。

通信制のクラーク記念国際高校は特殊な学校で他校を併願せず、学ぶ意志さえあれば学科の試験を受けることなく入学できます。

そのため、芸能人の方も多数卒業されています。

どんな高校生活を送っていたの?

高校生の時、同じ高校に在学中だった増田くん(現NEWS)とはとても仲が良かったようです。

学年は増田くんのほうが一つ上ですが、二人はジャニーズ事務所に入ったのが同日だったので、本当の同期で、駅で待ち合わせをして、一緒に高校に行ったり終わった後は一緒に仕事の現場に向かったりもしていました。

そして、NEWSがデビューすることが決まり、シルエットになっている画像がでました。

藤ヶ谷くんと、増田くんは、先生に呼ばれそのシルエット画像を見せられながら二人がいるのか聞かれたようです。

二人は結果を知っていたけれど、内緒なので知らないを通したようですが、先生は小山くんや加藤くんらのシルエットを藤ヶ谷くんに間違えていて、とても気まずかったということがあったようです。

藤ヶ谷くんがラジオで「そもそも文化祭ってどういうことなの?」という発言がありました。

藤ヶ谷くんが文化祭というものを理解できないのには、学生時代からジャニーズjr.として活躍していたためです。

藤ヶ谷くんも増田くんもすでにかなりの知名度の高さで、ファンがたくさん集まってしまい、迷惑がかかるのが嫌だということで藤ヶ谷くんは文化祭に参加しなかったようです。

文化祭って、高校生活の中での一番を争うほどの青春のような気がしますが・・・

それに参加できなかったのが残念ですね。

また、藤ヶ谷くんは高校2年生、3年生のときは学級委員をつとめていました。

学級委員とは!!

仕事もして勉強もしてクラスをまとめる力もある。

とても優秀だったのでしょうね。

【スポンサードリンク】


恩師との関係

藤ヶ谷くんは、2014年ドラマ「仮面ティーチャー」で、主人公・荒木剛太を演じました。

仮面ティーチャーとは「荒れた生徒を力による恐怖で制圧することを許された特別教師」です。

藤ヶ谷くんは荒木剛太について、「一生懸命で熱い男」とし、演じるにあたって「高2のときの担任が荒木剛太ととても考え方が似ていると思ったので、すぐに連絡を取って会いに行った」と役づくりにあたって恩師を訪ね、生徒と向き合うときは何を考えているのかなどについて質問したと語っています。

いくら考えが似ていたとしても、高校の時の担任の教師といい関係を築けていなければ、会いに行こう、話を聞きたいということにはならないと思うので、素敵な関係を築いていたことがうかがえますね。

高校の卒業式でも、本当にお世話になった先生が泣きながら口パクで「よく頑張ったね」と言ってくれてこみ上げるものがあったともいっています。

仕事をしながらの勉強はとても大変だったと思います。

でも、お母さんとの約束をきちんと守りぬき、大学進学までした藤ヶ谷くんは本当にかっこいいですね!

【スポンサードリンク】


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ